top anchor

世界各国の祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

お祝いやお祭りのときに食べられている世界各国のスイーツを紹介します。古くから伝わるお菓子が全体的に多いようです。

イギリスの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ミンスパイ

刻んだ肉、スパイス、ドライフルーツを具にした小さなパイです。現在のミンスパイは肉を使用せず、リンゴやレーズンを具にするのが一般的になっています。クリスマスホリデーに12個食べると縁起がよいといわれています。

ミンスパイ

イギリスの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):アンブロシアケーキ

黒砂糖を含んだスポンジ生地に、フルーツやナッツ、スパイス類をたっぷり使用したケーキです。新年に長寿祈願のために作られます。

アンブロシアケーキ

フランスの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ポワソン・ダブリル

ポワソン・ダブリルはフランス語で「4月の魚」という訳になります。エイプリルフールにはポワソン・ダブリルの他に、魚の形状をしたムースを食べたり、サバの形状をしたパイやチョコレートをプレゼントし合います。

ポワソン・ダブリル

イタリアの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ザバイオーネ

卵黄に砂糖を混入し、白ワインとオレンジジュースを加えて泡立てたクリームのスイーツです。ビスコッティにつけたり、焼き菓子のソースに使用されることも多いです。

ザバイオーネ

ルーマニアの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):パパナシ

小麦粉、卵、砂糖にチーズを追加した生地を柔らかくあげたお菓子です。サワークリームや粉砂糖、フルーツのソースなどを付けて食べます。

パパナシ

ロシアの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ブリヌイ

ひまわり油やパターを使用して焼き上げた、ロシア風クレープです。サワークリームやキャビアを添えて前菜として食べたり、ジャムを添えてデザートとして食べたりなど様々です。

ブリヌイ

イスラエルの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):オズネイ・ハマン(ハマンの耳)

プリム祭とは2月中ごろから3月中ごろまで行われるユダヤの祭です。ユダヤ人を苦しめる悪代官ハマンをやっつけるストーリーに由来する、ジャムの入った三角形のクッキーです。

オズネイ・ハマン(ハマンの耳)

メキシコの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):アロ・コン・レチェ

5月5日の「シンコ・デ・マヨ」は、メキシコが独立するきっかけとなった戦いに勝った記念のお祭りです。お米と牛乳で作られるライスプディングがシンコ・デ・マヨの古くから伝わるデザートです。

アロ・コン・レチェ

シンガポールの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):パイナップルタルト

パイナップルのジャムを入れた小さめのタルトです。パイナップルは中国語で「ワンライ」と呼び、「運来(幸運がくる)」と同じ発音であることから、お祝いのお菓子になりました。

パイナップルタルト

インドの祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):プーリ

アタ粉(インドで食べられている主食粉)を練った生地を油で揚げたパンです。ひよこ豆の粉を水で溶いて揚げ、シロップに付けて団子にした「デティチュールラドゥ」も祝い菓子の定番です。

プーリ

日本の祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ちまき

持ちを細長い円錐型や三角形に固めて笹や菰(こも)の葉で巻き、い草で縛って再び蒸したお菓子です。以前は、茅(ちがや)の葉で巻いていたため、ちまきと呼ばれるようになりました。

ちまき

日本の祝い菓子−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):千歳飴

飴を引き延ばして気泡を含みながら棒の形状に加工し、白く染めて仕上げたお菓子です。棒飴が長いことと粘りがあることから長寿を連想させるため、七五三の縁起物とされています。

千歳飴

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ