top anchor

世界各国のクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

日本でお馴染みのクリスマスケーキとは、ふんわりスポンジ生地にホワイト生クリームでコーティングし、いちごをデコレーションしたものですが、世界各国の伝統的なクリスマスケーキは味も見た目もさまざまです。

ドイツのクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):シュトーレン

シュトーレンとはドイツ語で「棒」という訳になります。ドレステンに古くから伝わるお菓子です。

砂糖漬にした果物入れた生地を長方形に伸ばして二つ折りにし、中央が若干盛り上がった形で焼いた後、粉糖を全体にまぶします。

待降節(クリスマス前の4週間のこと)ごろから焼かれ、日曜日毎に一切れずつカットして食べながらクリスマスを待ちます。

シュトーレン

ドイツのクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ヘクセンハウス

ヘクセンとはドイツ語で「魔女の」という訳になります。

グリム童話でも有名な「ヘンゼルとグレーテル」に登場するお菓子の家を形取っています。

ドイツでは、クリスマスの時期になると、レープクーヘンでヘクセンハウス(お菓子の家)を作成します。クリスマスの日まで飾り、過ぎると壊して食べるのが習慣となっています。

ヘクセンハウス

ドイツのクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):シュトーレン

ミラノで生まれたイタリアに古くから伝わるドーム型のスイーツです。

発酵させたパン生地内にレーズンなどのドライフルーツを刻んで混ぜ込み、焼き上げたケーキです。

ミラノの菓子職人トーネが考えたことから「トーネのパン」という意味が込められており、この名前が付けられたといわれています。

シュトーレン

aフィンランドのクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ヨウルトルットゥ

ヨウルトルットゥの名前の意味は「クリスマス・パイ」です。クリスマスツリーの頂上に飾る星を表しているといわれています。

パイ生地を正方形にカットし、4カ所に切り込みを入れて中央にプルーンなどの酸味のきいたジャムをのせ、星の形状にして焼き上げます。

クリスマスイヴの夜にはヨウルトルットゥが登場し、家族で楽しく祝います。

ヨウルトルットゥ

フランスのクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ビュッシュ・ド・ノエル

ロールケーキで基礎(台)を作り、クリームで木目調にデコレーションしたケーキです。

どうして木に見立てているのかといいますと、クリスマスに暖炉で薪を燃やして森の豊かさを家に呼び込もうとする習わしがあったようです。

また、クリスマスプレゼントの買えない青年が森で薪を切って恋人に贈ったという説もあります。

ビュッシュ・ド・ノエル

イギリスのクリスマスケーキ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):プラム・プディング

生パン粉と小麦粉、卵、砂糖、数種類のドライフルーツ、クルミなどのナッツ類、香辛料、そして牛のケンネ脂などを混ぜ入れて、型に流し込み、蒸し上げて十分に熟したお菓子です。

日数が経過するにつれておいしさが増加するため、中には数ヶ月も熟成させることもあります。

食べる直前に再び蒸し直します。

プラム・プディング

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ