top anchor

スイスのスイーツ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

美しい山と湖に囲まれた自然溢れる国スイス。スイスの代表的なスイーツといえばチョコレートです。固形のミルクチョコレートを誕生させ、またチョコレートを長時間かけて撹拌する技術を生みだし、なめらかな口当たりをつくり出したのもスイスでした。このようにスイスはチョコレート大国なのです。

エンガディナー・ヌス・シュニッテン(Engaadiner Nuβ Schnitten)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

エンガディナー・ヌス・シュニッテンはスキーリゾート地として有名なグラウビュンデン州の東南部にあるエンガディンと呼ばれる街で誕生したお菓子です。

刻んだクルミをキャラメルで煮込んで、バターの多いビスケット生地で包み込み、香ばしく焼き上げたものです。

フランスのクルミの産地ドーフィネ地方にも、「ドーフィノワ」と呼ばれるクルミのスイーツがあります。

エンガディナー・ヌス・シュニッテン(Engaadiner Nuβ Schnitten)

クルミ

エンガディン地方はクルミの産地として有名です。英語で言うとウォールナッツです。

名前の由来について

エンガディンは町の名前です。ドイツ語でヌスは「クルミ」や「木の実」という訳からきています。

おすすめドリンク

浅煎りコーヒー

レシピ

バター、砂糖、小麦粉、クルミ、水飴、牛乳など

▲上へ戻る

アマンド・ショコラ(amande chocolat)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

アーモンドに砂糖とバターを絡ませてキャラメルがけにし、十分熱を取ってから、溶かしたチョコレートをかけて、さらにココアをふりかけて仕上げたお菓子です。

フランスやスイスで定番のスイーツですが、特にスイスのバーゼル、チューリッヒのアマンド・ショコラが有名です。

ほろ苦いココア生地の中ではじけるアーモンドが魅力的です。

アマンド・ショコラ(amande chocolat)

アマンド・ショコラ・オレ

牛乳、コーヒー、アーモンドパウダー、チョコレートシロップ(または砂糖)を混ぜて作ったオレです。

名前の由来について

アーモンドとチョコレートを使用しているところからこのように呼ばれています。

おすすめドリンク

ブランデー、ウィスキー、深煎りコーヒー

豆知識

カラメルで覆ったアーモンドは「アマンド・カラメリゼ」と呼びます。

▲上へ戻る

ツィームトシュテルン(zimtstern)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

マジパンとアーモンドプードル、粉糖、卵白を合わせて焼き、最後に、卵白と粉糖、レモン汁を練った「グラス・ロワイヤル」を付けます。

クリスマスの時期に食べられることの多い星型の焼き菓子で、スイスでは12月に入ると、いろいろなお菓子屋さんや家でツィームシュテルンがクリスマスツリーやリース、窓辺などに装飾されます。

ツィームトシュテルン(zimtstern)

グラス・ロワイヤル

粉糖に卵白を遭わせてよく練り、レモン汁を追加したものです。アイシング(糖衣)の一種です。

レシピ

マジパン、アーモンドパウダー、粉糖、卵白など

豆知識

バーゼルのクリスマスクッキーとして有名です。フランスの「カリソン」と呼ばれる焼き菓子にそっくりです。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ