top anchor

イタリアのスイーツ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

お菓子屋をイタリア語で「パスティツェリア」と呼びます。酪農が活発に行われているイタリア北部は乳製品を使用したお菓子、イタリア南部ではハチミツやリコッタチーズを使用したお菓子、シチリア島では名産品のアーモンドを使用したお菓子など、各地域の特色が見られます。

ティラミス(tiramisu)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

イタリア産のフレッシュチーズであるマスカルポーネとザバイオーネ(卵黄、砂糖、マルサラワインなどを煮詰めたクリームです)を混ぜ合わせたものと、エスプレッソまたはコーヒーリキュールを浸したスボンジを互い違いに重ねて層にし、冷やして固めたデザートです。

舌の上でなめらかにとろけるチーズとリキュールの風味、そしてエスプレッソのほろ苦さが絶妙の組み合わせです。

ティラミス(tiramisu)

ゲランドの塩

ご自宅でティラミスを作る場合、レシピに一工夫してみましょう。スポンジの代わりにフィンガービスケットを使うと手間が省けて簡単にスイーツを楽しむことができます。

名前の由来について

ティラミスは「私を元気づけて」の意味があります。栄養分が多く含まれており、お酒やコーヒーなども入っていますので、気持ちを盛り上げることができるためです。

豆知識

1700年代のベニスでは、夜の待ちで遊ぶための栄養分チャージのためにティラミスが食べられていたという説もあります。

▲上へ戻る

ズコット(zuccotto)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

トスカーナ地方に古くから伝わるスイーツです。リキュールに浸した薄いスボンジケーキで形を作ったドーム内に、チョコレートもしくはナッツの含んだクリームを詰め込み、スポンジ生地で蓋をして半分凍結させたデザートです。

クリームには空気を十分含んでいますので、かちかちに凍ってしまうことはありません。

食べやすい上に、冷たいクリームがスポンジを引き立てて大変おいしいです。またある程度の期間保存が利きますので大きめに作ってもOKです。

ズコット(zuccotto)

半凍結タイプ

半凍結(セミフレッドとも呼びます)ですので、フォークやスプーンなど力を入れずにサクッと入ります。

名前の由来について

ズコットとは「聖職者がかぶる帽子」という意味があります。形状が似ていることかきています。

おすすめドリンク

ハーブティー

レシピ

小麦粉、卵、砂糖、生クリームなど

豆知識

トスカーナ地方で誕生したスイーツです。

▲上へ戻る

スフォリアテッレ(afogliatelle)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

1900年代にナポリの修道院のシスターがひだのついた焼き菓子を作ってみたところ、大変おいしいと街中で大評判となり誕生しました。

その後、南イタリアを代表する伝統スイーツになりました。現在でもナポリの街角にはスフォリアテッレの焼きたてをおいしく頂くことのできる専門店が多くあります。

リコッタチーズに砂糖などを混ぜ合わせた具がパイ生地に包まれ、貝の形状になっているので一目でわかります。

スフォリアテッレ(afogliatelle)

具はリコッタチーズ

スフォリアテッレの特徴はパイのさくさくとした食感とリコッタチーズのトロリとした食感のハーモニーです。双方の相性が大変良いです。

名前の由来について

スフォリアテッレはイタリア語で。「ひだを何枚も重ねた」という意味からきています。

レシピ

リコッタチーズ、卵、小麦粉、砂糖など

豆知識

スフォリアテッレは別名で「スフォリア」や「スフォリアテッラ」。ともいいます。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ