top anchor

ガレット・ブルトンヌ(galette bretnne)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

ブルターニュ地方の名のある有名なお菓子で、バターを豊富に使って焼き上げたサブレです。

元々はブルターニュ地産のバターを使用するのが基本であり、塩味の効いた風味豊かなお菓子に焼き上がります。

レシピはいろいろあり、グロゼイユが入ったり、シナモンが入ったり、洋酒が入ったりするものもあります。表面にある格子模様の飾りが特徴です。

ガレット・ブルトンヌ(galette bretnne)

ゲランドの塩

ブルターニュ地方南部のゲランド半島では塩作りが活発に行われており、ゲランドの塩は世界各地で使用されるほど有名です。

名前の由来について

ブルトンヌは「ブルターニュ地方の」という訳からきています。

レシピ

小麦粉、バター、卵黄、砂糖、塩

豆知識

通常のガレットより若干固めの食感である「ガレット・バ・ブルトンヌ」と呼ばれるお菓子もあります。

▲上へ戻る

ダコワーズ(dacquoise)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

アーモンドの入ったメレンゲの生地を焼き、その間にバタークリームを挟んだものがダコワーズです。挟み込むクリームには、モカクリーム、チョコレートクリームやいちごクリームなどと組み合わせると、メレンゲ生地の味わいがいっそう深まります。

スイーツの本場フランスでは、生地をマカロンのように絞り出して焼くか、大きな円を形取り、焼いてクリームを挟み込みます。日本でよく見かける小さな楕円状のダコワーズは日本オリジナル製法によるものです。

ダコワーズ(dacquoise)

モカ味

シンプルな白いダコワーズの他にも、モカ味、いちご味、チョコレート味や抹茶味などいろいろな種類のクリームが使われています。

名前の由来について

フランスのランド県「ダクス」で考察されたということからきています。

おすすめドリンク

ダージリンティー

豆知識

ダコワーズは他にも呼び方があり、「ダックワーズ」「ダッコワーズ」「パロワ」ともいいます。

▲上へ戻る

クラフティ(clafoutis)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

リムーザン地方に古くから伝わるスイーツです。クレープ生地やタルト生地にチェリーを並べて、卵、砂糖と牛乳を混ぜ込み、それを流し込んで焼いたプリンっぽいお菓子です。

今ではチェリー以外にもリンゴ、バナナや桃などいろいろなフルーツを使い作られています。

なお、クラフティの原型は、ラム酒などを使用した厚いクレープのようなお菓子「フロニャルド」であるといわれています。

クラフティ(clafoutis)

ダークチェリー

本来、クラフティはブラックチェリー(黒いサクランボ)を使用したものが一般的です。

名前の由来について

クラフティはフランス語で「旬を一杯にする」という訳がありフルーツをふんだんに加えて作られることから来ています。

豆知識

ブラックチェリーを(黒いサクランボ)を使ったクラフティを「クラフティ・リムーザン」と呼びます。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ