top anchor

ヌスボイゲル(Nuβbeugel)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

オーストリアやドイツの古くから伝わる発酵菓子です。名称の通り曲がった形状をしており、見た目が馬の蹄や三日月、はたまたバナナに似ています。

焼き上がりにはクッキー生地のような良い香りがし、ナッツやオレンジピール、アーモンドパウダーなどで作られた風味がたっぷり漂うフィリングを巻いています。

サクッとしていながらも、ふわっとした歯ごたえが特徴です。

ヌスボイゲル(Nuβbeugel)

フィリング

アーモンドパウダーを基礎にナッツやオレンジピールなどを混ぜたものが詰め物に。

名前の由来について

ヌスは「クルミ」や「木の実」という訳であり、ボイゲルは「曲がっている」という訳からきています。

おすすめドリンク

コーヒー

レシピ

小麦粉、卵、砂糖、バターなど

豆知識

パンの種類のひとつで、パン屋さんで販売していることもあります。

▲上へ戻る

カーディナル・シュニッテン(Kardinal Schnitten)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

白いメレンゲと黄色いスポンジ生地を互いに絞ってふんわりと焼き上げ、コーヒーやキャラメル風味のクリームをサンドしたケーキです。

口に入れると驚くほど軽く、それほど甘くありません。やさしい色のコントラストで心が落ち着きますが、この白と黄色の縞模様は、カトリックの旗の色や枢機卿の衣装の色であるといわれています。

カーディナル・シュニッテン(Kardinal Schnitten)

クリームをアレンジ

日本ではクリームを抹茶、いちご風味にするなど、さまざまなアレンジが行われています。

名前の由来について

カーディナルは「枢機卿(カトリック教会で教皇に次いで位の高い教職)」という訳になります。シュニッテンは「切り分けたお菓子」という訳からきています。

おすすめドリンク

ミルクティー

▲上へ戻る

シュトゥルーデル(Strudel)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

オーストリアといえばサッハトルテを連想しますが、「アプフェル(アップル)・シュトゥルーデル」もオーストリア人たちに人気のスイーツです。

小麦粉、少量のバター、塩をぬるま湯でこねて生地を生成し、しばらくねかせた後、布の上で生地を伸ばします。裏が透き通る位薄い生地ができたら、生リンゴのスライスを散らして、ロール状に巻きます。

強火のオーブンで焼き上げ、バターを塗って、粉糖を全体にまぶしたら出来上がりです。フォークを入れると温かいリンゴがトロリと出てきて、大変おいしいです。

また、リンゴなどの果物だけはなく、野菜や肉類などを包んで焼き上げると食卓のおかずに早変わり。シュトゥルーデルは、中身を様々な具に変更しても美味な一品となる、オーストリアの代表的な家庭料理なのです。

シュトゥルーデル(Strudel)

生地は紙より薄い

シュトゥルーデルタイクと呼ばれる生地は、紙よりも薄くのばされます。この薄さは「シュトゥルーデルタイクの下に雑誌を置いて文字が読めるくらい」と表現されることもあります。

名前の由来について

シュトゥルーデルとは「渦巻き」という訳になります。リンゴを巻いて焼いたアップル・シュトゥルーデル、ナッツ類を巻いて焼いたヌス・シュトゥルーデル、ケシの実を巻いたモーン・シュトゥルーデルなどがあります。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ