top anchor

オーストリアのスイーツ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

オーストリアの名門ハウスブルグ家は結婚を繰り返して他国と縁をつくり領土拡張していきました。オーストリアの首都ウィーンには各国の食文化が伝わり、ウィーンの菓子職人はその素材や技術を取り込んで、品格のあるお菓子へ変えていきました。

キプフェル(Kipfel)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

ウィーンが発祥の地の、三日月の形をしたパンやクッキーです。かつてオーストリアがトルコを撃退した勝利の証拠としてトルコ国旗に記載された三日月をモチーフに作ったといわれています。

その後、パンはクロワッサンの原型になりました。クッキーのキプフェルは、アーモンド風味でサクサクとした食感と口溶けの良いお菓子です。

オーストリアでは古くから伝わるクリスマスのおやつでもあります。

キプフェル(Kipfel)

デニッシュ

キプフェルはデンマークを代表する渦巻きのパン「デニッシュ」の原型でもあります。

名前の由来について

キプフェルはドイツ語で「馬蹄の形をした」という訳になります。

レシピ

小麦粉、アーモンドパウダー、バター、砂糖、卵黄など。

豆知識

オーストリアには、「キプフェルコッホ」と呼ばれるプディング風のお菓子もあります。

▲上へ戻る

リンツァートルテ(Linzertorte)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

アーモンドパウダーやシナモンなどの香辛料を含んだ生地をタルト型に敷き、赤スグリやラズベリーのジャムを詰めて、同じ生地の細い帯を格子状にのせて焼いたものです。

甘くて酸っぱいジャムがタルト生地と相性がよいです。グルメで知られるオーストリアの女帝マリア・テレジアの時代にお菓子のマイスター制度が誕生し、その成果のひとつがリンツァートルテといわれています。

リンツァートルテ(Linzertorte)

リンツァー・シュニッテン

リンツァートルテはカットされて販売していることもあります。「シュニッテン」とは四角く切り分けられたお菓子のことをいいます。

名前の由来について

都市名リンツに由来するという説と、考えた人がリンツ氏であるということからの説があります。

レシピ

小麦粉、バター、砂糖、卵、アーモンドパウダー、赤スグリのみのジャムなど

▲上へ戻る

ウィーンのおやつの時間「ヤオゼ」−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

「ヤオゼ」とは?

ウィーンで生活する人々は「ヤオゼ」と呼ばれるおやつの時間を午後にとる習慣があります。ヤコゼにはコーヒーとお菓子を楽しむのが一般的です。時間はおおよそ午後4時です。この時間帯になるとみな仕事を休めてヤオゼのためにカフェハウスに足を運びます。落ち着いた雰囲気のある伝統的なカフェハウスの他に、小さなエスプレッソカフェ、菓子専門店を併設したカフェコンディトライなど、ウィーンにはたくさんの種類のカフェがあります。

また、ウィーンのコーヒーは敗戦したトルコ軍が残していったトルココーヒーが始まりだといわれていますが、アルプスの天然水で作られたコーヒーはウィーンならではの格別な味わいです。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ