top anchor

日本各地の伝統的なお菓子−スイーツ、スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

日本各地方の伝統的なもの、外国から伝わったものをベースにしたお菓子など、さまざまな和菓子を紹介します。

北海道のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):バター飴

バターを使用して作られた、ミルキーな飴です。北海道酪農の発祥の町である八雲町で誕生したと伝えられています。

バター飴

岩手県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):南部せんべい

塩を溶かして水に重曹を入れ、小麦粉を混ぜ合わせて、円形の型に入れ焼いたものです。味はごま、クルミ、落花生など様々な種類があります。

南部せんべい

福島県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ゆべし

源平時代に誕生した伝統あるお菓子です。ゆずの皮と餅米、砂糖などを混ぜ合わせて蒸したもので、クルミを追加したものです。

ゆべし

東京都のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):雷おこし

穀粒を蒸して乾かした後、炒ったものにゴマや豆、水飴などを混ぜて入れて砂糖をまぶしたものです。東京のおこしは、米、水飴、砂糖を練って作るのが一般的です。

雷おこし

岐阜県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):栗きんとん

栗を蒸して裏ごしを行い、砂糖を追加して、茶巾に絞ったものです。長野や岐阜県など、栗の産地のお菓子です。

栗きんとん

愛知県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ういろう

餅の中で、漢字で書くと「外郎」です。見た目が「外郎薬」と呼ばれる四角いタン切り薬に似ていたことから「ういろう」と呼ばれるようになりました。

ういろう

京都府のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):八つ橋

せんべい状の八つ橋は琴や橋のような形状をしています。また、生八つ橋もシナモンが含まれていて、餅のような歯ごたえで人気があります。

八つ橋

岡山県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):きびだんご

きびだんごを漢字で書くと「吉備団子」です。きびの粉と餅米の粉を混ぜ合わせて作ったものです。昔話の「桃太郎」でも有名です。

きびだんご

広島県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):もみじまんじゅう

カステラ風の皮の中にあんの詰まった饅頭で、紅葉の形状をしています。広島県・宮島が紅葉で有名なことから銘菓となりました。

もみじまんじゅう

福岡県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):鶏卵素麺

煮立てた砂糖のシロップに卵黄を細く落とし、固まったら引き上げて作ります。玉子素麺とも呼ばれています。

鶏卵素麺

佐賀県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):丸ぼうろ

小麦粉、玉子、砂糖を混ぜ入れて、両面から焼いた、丸傘形の南蛮菓子です。「ぼうる」「ほうろ」「保宇留」と呼ばれることもあります。

丸ぼうろ

沖縄県のスイーツ−スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子):ちんすこう

小麦粉と砂糖、ラードを混ぜ合わせて焼いたお菓子です。中国風の蒸しカステラ「チールンコウ」が原点であるといわれています。

ちんすこう

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ