top anchor

日本のスイーツ−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

中国の代表的なスイーツといえば甜点心(テンテンシン)。これは皮で何かを包むものから、プリンのようなものまで種類は多数あります。最後に「餅(ピン)」という字がつくお菓子は、薄い生地を焼いたもので、「カオ」という字がつく場合は餅より量が多く、ケーキなどが含まれます。

まんじゅう−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

日本全国に数え切れないほど種類があり、お茶請けにもっとも適したお菓子です。

まんじゅうは小麦粉に酒粕、またはふくらし粉などを加えてこね、あんを包んで蒸し上げたお菓子です。鎌倉時代の末期に中国からの留学僧に伝えられたといわれています。

日本を代表する文豪・森鴎外は大の甘い物好きで、何でもご飯の上に饅頭をのせて緑茶をかけた「饅頭茶漬け」を好んで食べていたといわれています。

まんじゅう

饅頭の天ぷら

饅頭の天ぷらは福島県の郷土菓子です。仏前に供えて固くなってしまった饅頭を油で揚げて柔らかくしたことから生まれました。

名前の由来について

「饅頭」という漢字で書かれるのは、中国の饅頭である「蛮頭(マントウ)」と音が同じであることからきています。

おすすめドリンク

緑茶、中国茶

豆知識

奈良県には「まんじゅう神社」があります。

▲上へ戻る

スートゥ(寿桃)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

大福は本来、うるち米の粉で餅をつき、塩あんを包み込んで卵形に丸めた「うずら餅」が変化したものです。

古くは「腹太餅(はらぶともち)」と呼ばれ、昼食の代わりとして食べられていました。

また、その年に収穫した最初の米をついて塩あんを包み、神前に供えたのが始まりだという説もあります。現在の大福はあんのみにとどまらず、クリームや果物などを詰めたさまざまな種類があります。

大福

関東・関西の桜餅

桜餅は地域によって皮の様子が若干異なります。関東風の皮はクレープのようですが、関西風はつぶつぶもちもちの皮であんを包みます。

名前の由来について

大福は昔、「腹太(はらぶと)餅」や「大腹(だいふく)餅」と呼ばれていましたが、吉字を使用し「大福餅」に変化しました。

レシピ

餅粉または上新粉もしくは白玉粉、あんなど

text | 世界のスイーツ

▲上へ戻る

羊羹(ようかん)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

羊羹は本来中国から肉料理として伝わりましたが、日本では仏教の教えから動物性の材料を使用せず、芋やあずきで代用し、今の羊羹が生まれたといわれています。

あんに、砂糖、寒天を追加して流し固めた「練り羊羹」、あずきのこし粉、小麦粉、砂糖を混ぜて入れ、練って蒸した「蒸し羊羹」、練り羊羹とだいたい同じ材料で水分を多くした「水羊羹」の3種類があります。

羊羹(ようかん)

シベリア

三角形の形状にカットしたカステラで羊羹をサンドしたお菓子です。大正から昭和にかけて大流行しました。

名前の由来について

羊羹(ヤンカオ)と呼ばれる羊肉の煮こごりという説と、羊の羮(あつもの※煮物のこと)という説があります。

豆知識

水羊羹を連想するのは夏ですが、冬場(11〜3月頃)でも食べることが多いです。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ