top anchor

バナナナッツブレッド(banana nut bread)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

バナナナッツブレッドは名前に「ブレッド」が含まれているためパンだと思われますが、甘みのあるどっしりとしたパウンドケーキの種類のひとつです。

小麦粉、バター、卵や砂糖を混ぜてバターケーキの生地にフォークでつぶしたバナナと、細かく刻んだナッツを加えて焼くだけの、シンプルなケーキです。

アメリカでは皆に愛されているスイーツで、朝食やおやつとして親しまれています。

バナナナッツブレッド(banana nut bread)

アイスクリームをつけて

アメリカではバナナナッツブレッドにアイスクリームをつけて食べることもあります。相乗効果でおいしさが何倍にもなります。初夏〜残暑残る季節にぴったりのおやつではないでしょうか。

名前の由来について

エンゼルフードケーキは見た目が真っ白いために「天使の食べ物」といわれています。

レシピ

小麦粉、砂糖、卵、バター、ナッツ、バナナなど。

豆知識

バナナナッツブレッドは「バナナナッツケーキ」とも呼ばれます。砂糖を抑えて作ると、食事のパン代わりにもなります。

▲上へ戻る

ドーナツ(doughnuts)−スイーツ/スウィーツ(ケーキ/お菓子/菓子)

ドーナツの名称の由来は「ドー」を英語で表すと「dough」で、これは「生地」という意味を持っており、「ナツ=ナッツ」を英語で表すと「nuts」で、これは「クルミ」という意味があり、この二つを組み合わせて名前がつけられました。

オランダのクルミをまぶした揚げ菓子がアメリカに伝達したのが由来であるといわれています。

ドーナツ(doughnuts)

ドーナツの穴の不思議について

ドーナツになぜ穴があいているのか不思議に思う方も多いでしょう。これはアメリカにドーナツ(オランダの揚げ菓子)が伝わったとき、クルミの入手が当時困難であったため少しでもクルミの使用量を減らそうと考えられたのが、中央に穴をあけて面積を減らす意図によるものという説があります。また、先住民が放った矢がパン生地の中央に命中し、そのまま油の中に落下して揚げられたという面白い説もあります。

他にもドーナツの穴にまつわる説が多数あり、たとえば船乗りのグレゴリー氏がドーナツを舵の棒の先に突き刺すために穴を開けたという説や、グレゴリー氏自身が短い時間でむらのない仕上がりにするために考えたという説もあります。

ドーナツの種類

アイシングのかかったものや、粉砂糖がまぶされているもの、ハチミツをコーティングしたものなど、テイストやトッピングが様々あります。

沖縄銘菓「サーターアンダギー」

サーターは「砂糖」、アンダギーは「揚げ物」の意味があります。ころころした甘い球状のドーナツです。生地を低い温度でじっくり揚げると、球状の表面が割れて、まるで花が咲いたような感じになります。サーターアンダギーと中国の揚げ菓子「開口笑(カイコウショウ)」は、材料、作り方ともにほとんど一緒です。丸い形をよく見てみると人が笑っているような顔に見えてきます。

text | 世界のスイーツ

  • 次のページへ
  • 前のページへ

▲上へ戻る

text | 世界のスイーツ

イベント的なスイーツ

クリスマスケーキ | 世界のスイーツ

祝い菓子 | 世界のスイーツ

世界のスイーツマップ